転職直後にカードローンに申し込むと審査に通らないって本当?

転職直後はカードローンの審査に通りにくいという噂があります。基準は公にはされていませんが、勤続年数の長さというのがポイントであることは確かなようです。
ローン会社は安定した収入があることを前提にお金を貸しているので、新しい会社でその人がどのような評価を受け、この先も仕事を続けられるか判断が難しいというのが通りにくい理由です。官公庁の公務員や大手企業の正社員として転職したのであれば、安定性を買われ比較的有利ですが、アルバイトやパートといった雇用形態となるとすぐにカード会社の信頼を得るのは難しいようです。ただ絶対に無理ということではなく、在籍確認ができれば問題ありません。
成功率を高めるためのポイントをいくつか挙げておきます。まず現在の借り入れを完済、あるいは返済状況を良くしておき信用度を高めておきます。既に多額の融資を受けていると、たとえ月々の収入が高くても度々返済が滞っていたりすると新たなローンやキャッシングは難しくなります。それから少なくとも半年以上、できれば1年以上勤続してから申し込むことです。勤続半年以下では同じ条件でも通る確率が低いとされています。また高額の借入れはカード会社も慎重になりますので、借入希望額を少なくしておくことで成功率が上がります。不利だからといって嘘を書くのは信用を落とす行為ですので絶対にいけません。
無事審査に通ったからといって借り過ぎると、利息が膨らみ返済が困難になってしまうこともあります。転職直後の不安定な状況を脱し生活が落ち着くまでは慎重に利用しましょう。