カードローンの無利息期間について

消費者金融や銀行の中には、無利息期間を売りにしているところがあります。
本来、銀行や消費者金融からお金を借りた場合、利息を付けて返さなくてはなりませんが、このサービスを利用することで、一定期間利息が発生しません。つまり、この期間内に完済することができれば、一切かかりません。
これだけ聞くと、大変お得なサービスに聞こえますが、果たして本当にお得なのでしょうか。
キャッシングやカードローンの無利息期間には、大きく分けて2種類あります。1つ目は契約日翌日からカウントされる場合です。この場合、契約後すぐに借入を行わないと、どんどん無利息期間が消費されてしまいます。もう1つは、借入日の翌日からカウントされる場合です。こちらの場合には、契約後すぐに借り入れを行わなくても、期間が消費されることはありません。
また、「適用条件」を満たさなければ、サービスを利用することはできません。例えば大手消費者金融の適用条件は、「金融業者へメールアドレスを登録すること」と「明細をWEB明細に設定すること」です。これら2つの条件をクリアすることで、初めてサービスが適用されるのです。この適用条件は業者によって異なります。
尚、審査についてですが、こちらは一般的なカードローン・キャッシングに申込んだ場合と変わりはなく、金融業者の定めた年齢の範囲内の方で、安定した収入を得ている方であれば申込むことが可能です。また、在籍確認も通常通り行われます。